FIRST

ABOUT

フルリール(fleurir)とは、フランス語で「花が咲く」という意味です。
お肌にコンプレックスを抱えたお客様が、フルリールのエステティックを通じてコンプレックスを解消したとき、
嬉しさと喜びで肌にも心にも花が咲くようにという思いを込めて名づけました。

肌コンプレックスを解消して、素肌に自信を持ちたい!
そんな気持ちにフェイシャルケア専門店フルリールはお応えします。

肌トラブルの原因は人それぞれ違う

Trouble ...

肌トラブルには、シワ・シミ・たるみ・くすみ・ニキビなど様々なトラブルがあります。しかもその肌トラブルの原因は人それぞれ違うのです!

例えば、シワやシミで悩んでいるとすれば、その根本原因は紫外線(光老化)なのか、それともストレスなのか?と、人それぞれ原因が異なります!!

8種類ものフェイシャル機械を採用し、「フェイシャルケア専門エステサロン」を確立

facial...

従来までは、シワ、シミ、たるみ、ニキビ、毛穴などの肌トラブルには、細胞に主要成分を補う(補給)細胞美容が一般的でした。
しかし、これらの原因には女性ホルモンをはじめ、ミトコンドリアの鈍化も影響することから、細胞・女性ホルモン・ミトコンドリアのすべてを一度の施術で活性させる「ハイブリッド美容」というオリジナルの技術で、医療美容を彷彿させるほどの、今までのエステティックにはない施術(エステティック以上、医療美容未満)を確立。

今まで培ってきた独自の経験とノウハウによって誕生した「ハイブリッド美容」で、さまざまな肌トラブルに対応でき、安心して継続していただけるフェイシャルケアが実現しました。

MESSAGE

私自身もニキビで長年悩まされてきた一人です。

私自身もニキビで
長年悩まされてきた一人です。

私自身もニキビで長年悩まされてきた一人です。大学卒業後、就職し慣れない環境の中で必死に朝から夜遅くまで働き続けました。仕事と休日は充実していたものの徐々にライフスタイルが不規則となり、気づけば顔のいたるところにポツポツと赤いニキビが…。
次第に顔を人に見せることが恥ずかしくなり、化粧やコンシーラー、マスクなどで隠すことが当たり前になっていきました。

長年、悩まされたニキビが改善!!

長年、悩まされたニキビが改善!!

一向にニキビは落ち着くことなく辛い日々が続いていました。クリニックに行き治療を受けることもしばしば…。しかしニキビはが減ることはありませんでした。
そんな時ある友人からエステサロンを紹介されフェイシャルトリートメントを受けることに。何度かトリートメントを受けるようになって数か月が経過した頃、劇的にニキビが減り改善したのです。

「隠すこと」よりも「改善すること」が大切!!

「隠すこと」よりも「改善すること」が大切!!

エステサロンに通うようになり、自分自身と同じように肌コンプレックスを抱えた方がたくさんいることに驚きました。少しずつニキビが減るにつれ、日々の生活が楽しくなり、素肌を見せることが恥ずかしくなくなりました。
「隠すこと」ばかりを考えていた自分から、「改善する」ことの大切さを知ったのです。

エステティシャンになる決意!!

エステティシャンになる決意!!

私が長年悩み続けてきた肌コンプレックスは解消され、人生は一変しました。周りから肌のことを褒められるようになりました。その瞬間、私の脳裏に浮かんだのはエステサロンに通っていた時の様子でした。肌にコンプレックスを抱えた女性がたくさんいたことを…。

そんな女性のコンプレックスを解消へと導き、自分自身と同様に人生が変わるほどの喜びを与えたいと。その思いからエステティシャンになると決意したのです。

Facial specialty salon ...

肌コンプレックス解消をメインとした、フェイシャルサロンを作るために
学校に通いエステティックのことはもちろん、肌(フェイシャル)や、
体(体質改善)・毛(脱毛)・アロマ(アロマテラピー)・食事(マクロビオティック)など
肌改善に関わることを徹底的に学び、フェイシャルケア専門店フルリールを誕生させました。

To beautifully shine more ...

「フェイシャルケア専門店フルリール」が誕生して今年で17年目を迎えました。
今ではたくさんのお客様にご愛顧いただいております。
コンプレックスを解消したいという思いは、私自身がニキビに悩み続けていたときと同じです。

経営理念

一人でも多くの女性がコンプレックスを解消させ、
肌にも心にも綺麗な花が咲くように、そしてさらにもっと輝き続けられますように
という気持ちを込めて最善を尽くします。それが、私たちフェイシャルケア専門店フルリールの使命です。

株式会社PLEASE
フェイシャルケア専門店フルリール
代表取締役 鈴木 久美子